婿に抱かれた義母 芝山奈穂

夫に先立たて数年が経ち、ひとりの生活にも慣れた頃、都会に住んでいる娘夫婦が遊びに来ないかと誘ってくれた。数日間ではあるが久々の旅行に菜穂はワクワクしていた。娘夫婦の自宅は小綺麗で、娘の手料理に舌鼓を打ちつつワイワイと盛り上がりお酒も進んでいた。酩酊の菜穂はふらふらとトイレへ、足元おぼつかない様子に娘婿がつきそう。菜穂は支えているのを亡くなっている夫だと勘違いし、婿の股間を愛おしそうにしゃぶってしまう。深夜、先ほどの義母のフェラでは満足できなかった婿はこっそり菜穂の寝室へ。ひとしきり菜穂を愛撫する。次第に大胆になっていく婿は菜穂へと挿入しようとするが、突然菜穂が目をさまし、この状況に驚いた。しかし婿は我慢できなくなり、やや乱暴に菜穂を抱きしめると、無理やり挿入した。ダメと言いつつ娘婿の男根を受け入れた菜穂は婿が動くたび、快感に身をよじらせてしまっていた…

オススメ記事