娘の旦那に夫の遺影の前で犯され痙攣絶頂 久保今日子

夫・義彦の急死を境に、妻・今日子と娘夫婦の運命の歯車が狂い出す…。夫の遺言どおり今日子が“社長”の肩書を引き継いでから、会社は業績不振に陥った。次期社長と目されていた娘婿・太一が今日子の手腕を不信に思い始めた時、前社長と旧知の仲である阿部社長から契約打ち切りを言い渡される。窮地に陥った太一は以前と変わらぬ契約内容と今日子の“体”を提示。以前から彼女に関心を寄せていた阿部が快諾したことを機に、太一は契約が危ぶまれる得意先に次々と今日子を売り込み、経営を好転させていく。ある日、諸悪の根源が太一であることを知った今日子は解雇と娘との離婚を宣告。怒り狂った太一は報復のため、今日子に襲い掛かる…。

オススメ記事