喪服奴隷 亡夫との不埒な密約 森下美緒

美緒は三か月前に夫を亡くしたが、まだ喪服を脱げずにいる。それだけショックが大きかったのだ。作家であった夫・武夫は強い倒錯性癖の持ち主で、夜な夜な美緒を緊縛し可愛がっていた。美緒は次第に夫の変態調教に馴染んでいき、むしろ肉体が強い刺激を待ち望むようになっていった。だが亡夫の若い担当編集者が現れ、美緒の拒絶もかまわず居座ってしまうと、やがて新しい男の匂い荒々しい性調教によってマゾ淫獣と化していった…。

オススメ記事