女殺淫縛蟻地獄 第六幕 成宮いろは

柔らかな色香漂う人妻が、優しく微笑む。その正体は、特命を帯びた元・東京犯罪捜査局捜査官。彼女の名前は花島真琴。現在は結婚して生命保険の外交員をしている。そしてその裏では犯罪組織の潜入捜査を行う特命捜査官でもある。そんな彼女に新たなミッションが下る。違法ドラッグの密売を摘発する事である。表向きは人材派遣の会社らしい。情報収集に動き出すが、彼女を待ち受けていたのは雁字搦めの拷問であった。 ※画像・音声に多少の乱れがあります

オススメ記事