「私、犬扱いされたいんです」危険日生中出し 名家育ちのお嬢様 れいかさん

富裕層の家庭に育つお嬢様のれいかさんは小学校から女子校育ちの為、男性に免疫がない。経験人数は1人で趣味はバレエとバイオリン。そんなお嬢様だが、頭の中は「犬みたいに雑に扱われたい」と変態妄想ばかりしている。だから、男の足を舐めさせたり、ツバを飲ませたり、ビンタ、首絞め、スパンキングしてあげたら本当に犬みたいに喜んでいました。危険日の中出しには初めは嫌がっていましたが、最後は自ら懇願してしまいました。

オススメ記事