令嬢調教 懐妊までの監禁凌辱…地獄の30日間 桃尻かのん

財閥令嬢である女子大生かのんは、裕福な暮らしを送り、穢れも苦労も知らずに育ってきた。そんなある日、父の使用人であった男・北がかのんの家を訪れる。怪訝に思ったかのんだったが、家に上げてしまい…その日の夜。北が作った夕食を食べるが、その食事には意識を混濁させる薬が仕込まれていた。攫われたかのんは、北の半グレ仲間である男達からも輪わされ、子宮を精液で汚され…。やがて誰の種かも分からぬ子を腹に宿し…。

オススメ記事